【東京】No.1経営塾 集客売上の悩みスッキリ解決!新橋5分

トップ > 竹田講演サポートメール > 最終回 【竹田講演サポートメール第6弾】 凡人を非凡に変えるものは?

最終回 【竹田講演サポートメール第6弾】 凡人を非凡に変えるものは?

2015/08/18

おはようございます。


ランチェスターの西村です。
いよいよ、このサポートメールもこれで終わりです。


ご覧になっていただきありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【竹田講演サポートメール 第6弾】 凡人を非凡に変えるものは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆では、最後の内容です。


その前に少し振り返りましょう!
何と言っても、初回の話は『実践の大敵は忘却』でした。(笑)


その敵に、負けない方法が『振り返り』です。


このメールで竹田講演を以下のように振り返りました。


・第1弾 実践の大敵は忘却なり!
これはもう分かりますよね。


◆では、それ以降はこんな感じです。


・第2弾 会社はお客様が活動で出来ている。


竹田先生曰く、「会社は粗利益で生きている」
その利益は、お客様から来ます。
そして、そのお客様から好かれ気に入られて
お仕事をもらう活動で生きているということです。


・第3弾 お客様を追い払っていませんか?


・第4弾 感謝は10倍の企業生存パワーになる!
これ、ネーミングが悪かったですね。


簡単に言うと『感謝は態度で示せ!』です。


お礼ハガキ、お礼メール、お礼Faxです。
これをきちんと出している会社は他の企業に比べて
10倍の生き残る確率が出てきます。


特に、次の第5弾と合わせると10倍の生存パワーです。


・第5弾 竹田スカイダブル


つまり、
 お客様に好かれ     S
  〃    気に入られ  K
  〃    喜ばれ     Y
  〃    忘れられないようにする W


名づけて、「SKY=スカイ」+「W」です。


これらの活動をやっている会社は倒産を10倍少なく
することが出来ます。


◆反対にやっていないと。。。


それは、百貨店の話を思い出して下さい。
なぜ、通販にお客様を持って行かれたか?


このような「SKYW」をお客様から見て
 ・適切で
 ・有効にしていなかったからです。


◆それはあなたの会社、お店にも言えます。


「でも、その実践が難しい~~~!」と言う声も
あるでしょう。


◆だから、今日の第7弾です。


『凡人を非凡に変えるものは?』


そんな、ナカナカ出来ない自分やスタッフが
実践する方法です。


ピーター・ドラッカー大先生曰く、


『組織(仕組み)の究極の目的は、
 凡人を非凡たらしめることである。


つまり、それが出来るような『仕組み』をつくることです。


竹田先生の言われた
 ・業務マニュアル(お客様活動=SKYW)についての
 ・そして、教育訓練の機会、時間を取ることです。


◆これで、凡人から脱して非凡な従業員やスタッフが出来ます。


これが今回の竹田先生の講演の大きなテーマでした。


と書くと
 ・「いや~、業務マニュアルは難しいそう~!」
 ・「何から、やればいいかわからない!」


という方もいるでしょう!


◆そんな皆さんに、おすすめが『ハガキ』です


参考まで、ハガキの実践者の言葉を上げておきます。


==========

【ハガキ実践者の声・1】  保険会社オーナー K様


(私 「実行されて変わったことが有りますか?)

Kさん いや~、実際に変わったことって何もないんですよ!

(私 「。。。。」)



ああ、でも、不思議なことがあるんです。


お客様に売りを抜きにしたハガキを出していると

不思議なことが起こったんです。


ただのあいさつだけのハガキなんですが


商品のことも何も書いていないんです。
でも、出すとお客様の方から電話をかけてくださったり
お店に保険の相談で来られるようになったんです。


不思議です。。。


===========

===========

 【ハガキ実践者の声・2】 WEB制作支援会社 OK様


参加して学んだことを実践したところ(イヤイヤで (笑))
リピーターがじわじわ増え、


お客様から「何か仕事を頼みたいんだけど、


他にサービスはないの?」と嬉しいお言葉まで
いただけるようになりました。


また、講師の依頼も受け驚いています。


ハガキってスゴイですね!

=============

=============

【実践者の声・3】 食品卸業 ON様


社員の方からうれしい報告が有りました。
全くお会いしたことがない担当者の方から
お申し込みがあったんです。


まあ、電話とかでは話していたようですが


それで電話すると「いつもハガキをありがとうございます!」
って、言われるんですよ。
でも、まだ2回しか出していないんですけどね。(笑)


値引き要求も少しもなくてビックリしています!


結局、
顔を一度も見ていないお客からそんな発注を頂きました。

==========

==========

【ハガキ実践者の声・4】


※この方は既に紹介しましたが、

また、FAXの例です。
講演会に参加された方の例です

いいお話だったのでもう一度。


●測量登記 高橋事務所 高橋史憲 様


西村先生


セミナーではお世話になりました。
また、数回にわたりサポートメールありがとうございます。


非常に励みになります。


先の竹田先生の講演では、大切なお言葉をいくつも頂戴しました。
その一つに「お客様からお金をもらう以上の仕事は無い!!」がありました。


早速実践してみることに・・・


実は、いつも理由をついけては支払を先延ばしにする取引先の会社に、
事あるごとにFAXを出し続けてみました。


FAXに支払請求のことには一切触れず、感謝の思いのみを載せてみたところ、


月内にすぐにお振込みがありました。
これは偶然か? それとも必然?


どちらにしてもありがたいことでした。


今後も続けて行こうと思います。
引き続き宜しくお願い致します。

==========

◆どうですか?


これが顧客対応戦略の実践の結果です。


企業の生存率が10倍伸びるという話に
実感いただけましたでしょ。


『感謝は態度で示せ!』


「何から始めていいのか分からない。」という方は
ここから始められてはいかがでしょうか?


今、経営できているのは今のお客様がいるからですからね。


7回のお付き合いをありがとうございました。
さらなる成功を祈っております。


No.1経営塾・西村謙二


◆次回 経営講演会 戦略社長大学


・簡単なハガキで、安売りしなくても売上が増える!
http://no1keiei.jp/university/20150827/


現在、37名様お申し込み!


【早期割引】は明後日20日(木)までです!