【東京】No.1経営塾 集客売上の悩みスッキリ解決!新橋5分

トップ > ブログ > 戦略と即効性 30分で5000万のコンサルタント料!?

戦略と即効性 30分で5000万のコンサルタント料!?

2016/03/17

カテゴリーブログ

おはようございます!

 

 

No.1経営塾の西村です。

土曜にベランダに出てこんなものを見つけました!

 

IMG_6244

 

紫陽花の新芽です!
バルタン星人みたいですね!(笑)

(Facebookのとは違う写真です)

 

 

春が近づいてきています。

 

 

◆ところで、戦略には即効性がないと言われます。

 

 

 確かにそうです。

 

 

戦略は根幹的なものですから、スグに成果の

出ない分野になります。

 

 

しかし、出だすとスゴイんです!(笑)

 

 

それを書いています!

同じ時間働いて、業績は3倍!

日本とアメリカの生産性の違い

http://no1keiei.jp/?p=1858

 

 

●しかし、経営者には即効性も大事です!

 

 

あるいは、『日々の仕事の生産性』を高めることも

大切なことです。

 

 

それで、No.1経営塾ではそれも教えています。

 

 

●やはり、勉強会に来られて早く成果を出して

欲しいからです。

 

 

それで、『実行項目リスト』を紹介しています。

 

 

これは、元々

30分で5,000万円のコンサルタント料をもらった

アイビー・リー氏のやり方です。
(当時の25,000ドル、今の円で換算すると約5,000万円!)

 

 

●まあ、生産性を高めるコンサルなら誰でも知っている

話です。

 

 

どれくらいスゴイかというと

 

 

初めて、このやり方を紹介した時にふと思ったのです。

「もしかすると、うちの勉強会でもやっている経営者が

いるのじゃないか?」と

 

 

そして、聞いてみたんです!

 

 

そうすると、二人手を上げました。

その二人は、最も実績を出している経営者でした。

 

 

あとの廻りの経営者の反応はわかりますよね!(笑)

 

 

スグ、実践です!

 

 

●もう一つ、オマケがあります。

 

 

それを学んだ経営者が自分の会社で

それを営業部隊に教えました。

 

 

そして、 彼もふと思ったんです。

 

 

「うちの会社にもやっている奴がいるんじゃないか?」と。

そして、確認しました。

 

 

そうすると、3人が手を上げました。

 

 

その3人は、営業のトップスリーでした!

 

 

●このやり方がどれくらい効果的かわかりますよね。

 

 

やり方はとても簡単です。

アイビー・リー氏のはもう少し複雑です。

 

 

でも、これで十分に成果が上がります!

 

 

1番、まず、今日やることを思いつく限り書き上げます。

用紙は何でも、構いません。

 

 

どこでも出来ます。

 

 

・事務所

・自分の家

・ベット

・トイレでも

(ちなみに、日本マクドナルドの創設者藤田田氏は

トイレにも必ずメモ用紙をおいていました。)

 

 

●2番めのステップは、それに番号をつけます。

 

 

3番めは、その順番で実行します!

これが一番大事です!(笑)

 

 

●最後にとっても大事なことを書きます。

 

 

このやり方はモノスゴク生産性を上げる方法ですが

大きな欠点があります。

 

 

実際に、アイビー・リー氏から教えてもらった

チャールズ・シュワッブは自分の製鉄所を

世界有数の会社にしました。

 

 

USスティールという会社です。

 

 

そして、彼は世界で最も裕福な経営者になったと

金持ち本(お金持ちになるノウハウ本)で言われて

います。

 

 

●しかし、彼の晩年については書かれていません。

 

 

彼は5年間文無し生活で死ぬことになります。

オマケに30万ドルの借金を抱えていたと言われます。

 

 

では、その成功を手に入れた彼がなぜ没落したのでしょうか?

 

 

●実は、これ誰も書いていません。

 

 

とても重要な事です。

それは、このリスト(実行項目リスト)はとても大事です。

 

 

しかし、大きな問題があります。

 

 

そこには、何も考えていないと戦略的なことが入って

来ないのです。

 

 

戦略的なことは「緊急要項」で入ってきません。

 

 

だから、戦略的な実行課題をハッキリさせていないと

長期的に成果を出し続けることは難しということです。

 

 

いくら、『日々の生産性』をあげていてもそうなるのです。

 

 

この辺りは、ご注意を!

 

 

No.1経営塾・西村謙二