【東京】No.1経営塾 集客売上の悩みスッキリ解決!新橋5分

トップ > No.1経営塾(東京ランチェスター) > 【5月の竹田講演サポートメール 第二弾】 会社はお客活動で生きている!

【5月の竹田講演サポートメール 第二弾】 会社はお客活動で生きている!

おはようございます。

ランチェスターの西村です。
以下のブログは、5月27日(水 2015年)の竹田陽一先生
の講演会に来られた方へのサポートメールです。

◆では、ここからです。

おはようございます。

 
ランチェスターの西村です。
5月の竹田講演でお会いできうれしかったです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★お約束のサポートメール第2弾です!
今日は『会社はお客活動出できている!』です。
 
※2分で読める講演会の実践メールになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★『会社はお客活動出できている!』
 
と書くと、「アレッ!竹田先生そんな話をされていたっけ?」
という方もいるでしょう。
 
そうなんです。
 
そんなことは言われていません。(笑)
でも、まとめるとそんなことおっしゃっていました。
 
◆実はこれは実践するための大きな鍵なんです。
 
実践するためには『簡単に覚える』ことが不可欠です!
そして、そのためにまず振り返ります。
 
ですから、第一弾のメールでそれをお伝えしました。
 
『実践の大敵は忘却なり!』ということでした。
その敵に負けない方法が、振り返りです。
 
自分なりに「何を学んだんだっけ?」と振り返るわけです。
 
◆振り返りを送ってくださった方がおられます。
 
まず、それを紹介しましょう!
 
・家具販売業 KS様
 
お世話になっております。
サポートメールありがとうございます。

竹田先生の講義は、本当に勉強になりました。
でも、講演メモをみましてビックリでした。
忘れていたことがたくさんありました。
あらためて、振り返りの大切さを実感しました。

ご連絡が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
↑ここまで
 
どうですか?
振り返ってみると結構忘れているものですね!
 
・食品卸売業 ONG様
 
講演を振り返って報告します。
 
①社内業務時間を顧客対応時間に変える
②業績の良い会社はせっかち⇒功遅拙速
③お客様に2度手間や不便を競合以上に掛けない。
④資金を掛けないなら勉強するか時間を掛ける
⑤ハガキのしくみを作り、トップが率先して実践する事
 
実践した事
ご来社された方に、頂き物のお菓子を差し上げるようにした。
結構喜んで下さります。
 
↑ここまで
 
スゴイですね!
実践の報告でした!
 
こんなふうに振り返ると『忘れていること』を思い出します。(笑)
 
よかったら、振り返ったことを送ってみてください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
では、今日の内容です
『会社はお客活動出できている!』です。
 
※2分で読める講演会の実践メールになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆講演会で竹田先生はこんなことを言われていました。
 
会社は粗利益で生きている
 
その粗利益はお客様のお金をもらった瞬間に生まれる
 (正確には「商品や有料サービスを交換した時に」)
 
そのお客様をつくる活動が大事!
これを「お客活動」と呼んでいる。
 
そんな『お客活動』が経営にとって最も大切な活動に
なる。
 
◆こんな流れでしたね!
 
では、あなたの会社やお店にとって『お客活動』とは
何でしょうか?
 
次のサポートメールまで考えておいて下さい。
 
いや、実行していただいてもかまいません。(笑)
 
さらなる成功を祈っております。
ランチェスター東京 No.1経営塾こと西村謙二
 
※わからないことや質問がありましたら、このメールに
返信して見て下さい。
 
 
 
 
 
 
 

■講演会と勉強会のご案内