【東京】No.1経営塾 集客売上の悩みスッキリ解決!新橋5分

トップ > No.1経営塾(東京ランチェスター) > 売上を上げるためには? 売ってはいけない売上もある!? 集客の注意点

売上を上げるためには? 売ってはいけない売上もある!? 集客の注意点

●売ってはいけない売上

おはようございます。

経営塾のメンバーに送ったメールのおすそ分けです・

↓ここから

 
勉強会の皆さん、
おはようございます。西村です。
 
今日はこちらの方は雨ですが
皆さんのところではいかがですか?
 
実は、今朝運動をしようと思っていました。
 
特に最近、ウォーキングが出来ていなかったので
やろうと思っていました。
 
残念です!
 
それで今日のメール、力が入っています!(笑)
でも、最初の10行だけでも役に立ちます!
 
===============
経営原則 ●売ってはいけない売上とは?
===============
 
ところで第18期の経営塾が始まりました。
 
===============
経営原則 ●売ってはいけない売上とは?
===============
 
ところで18期の経営塾が始まりました。
 
今回は「売上を基軸」に展開していきたいと
思います。
 
そこで『売ってはいけない売上』を紹介しました。
 
これは売上を中心に考えると経営で弊害が
出てくるからです。
 
●売ってはいけない売上とは?
 
4つあげます。
 
・利益の出ない売上
・支払いサイトが長い売上(4ヶ月以上)
・非関連多角化(運送業がする飲食業等)
・戦力分散
 
上の2つは、まだ、分かりやすいですね。
 
●残りの2つは理解に戦略知識が必要です。
 
非関連多角化

これは横に書いたように、運送業がするような
飲食業です。
 
「何か儲かりそうだから、やれ!」と言う感じです。
 
商品も客層も現業と変わるわけです。
そうすると、発揮できる実力が0.1くらいになります。
 
●商品客層が変わるとそうなります。
 
一番の理由は、それぞれのノウハウが違うからです。
今までと違った経験が必要になります。
 
どんなことかというと
 
先日お送りしたパワーポイント動画を思い出して
見てください。
 
 
●こんなものでも、徹夜して作ることになりました。
 
おまけに、質も万全というわけではありません。
特に、音量をもっと上げたかったわけです。
 
でも、初めてのことなので要領を得ないわけです。
(実は、トラブルも有りました)
 
ここで確認したいのは、
私はパワーポイントには慣れています。
ランチェスター以外ではこれを使っています。
 
●しかし、それを動画にするとまた違うんです。
 
これは一例ですが、そんなことは沢山あります。
特に気をつけるのは、商品も客層も違う『非関連
多角化』に気をつける必要があります。
 
戦略分散を起こします。
 
そんな意味で、売上を上げる上でも
・『売れる主力商品』
・『売れる定番商品』を持つことが大切です。
 
●最後に誤解される事を紹介します。
 
時として、『利益の上がらない売上』をあえて
上げる時があります。
 
商品構成を考えてです。
 
次に使っていただく商品がある時にあえて
利益の上がらない商品を売ることもあります。
 
フロントエンドと言うケースです。
 
●砲丸世界No.1の会社
 
ご存じの方も多いと思います。
辻谷工業と言う会社です。
 
この会社の作る砲丸がスゴイんです。
 
この砲丸がないと世界記録が出ないんです。
2008年の北京オリンピックにこの砲丸が
使えませんでした。
 
●中国のサッカーでの応援が原因でした。
 
辻谷政久社長は試合でのヤジや反日デモを
見て嫌気が差したんです。
 
それで、砲丸を出荷しませんでした。
 
その結果、金メダル候補のネルソン選手(米国)は
記録を出すことが出来ませんでした。
 
●そんなスゴイ砲丸を作っているんです。
 
まさに、『世界No.1』なんです。
 
しかしこの商品、利益は出ません。
手作りで手間がかかるからなんです。
 
この会社の利益のみなものは陸上商品なんです。
 
陸上競技で使う器具の販売をやっています。
 ・ハードル
 ・スターティングブロック等です。
 
●そのような『売れる定番商品』を持っているんです!
 
砲丸で見つけてもらって、売れる定番商品で
儲けるという構造です。
 
そんなこともあります。
 
だから、『利益の上がらない売上』も時にはあります。
ただし、それの後の『売れる定番商品』も持っています。
 
これが大きなポイントです。
 
●それ以外に既に皆さんご存知の会社があります。
 
トイレットペーパーで差別化する会社です。
文具特に、衛生商品を売る会社です。
 
トイレットペーパーをフロントエンドにしています。
 
いわゆる「突破口」にしているわけです。
それでこの会社20億くらい業績をあげています。
 
では、トイレットペーパーで売上どれくらいでしょうか?
 
なんと、それだけで14億売っているそうです!
やはり、『売れる主力商品も持つ』事は大事ですね。
 
●今日は、『売ってはいけない売上』を紹介しました。
 
が、その前提として
 ・『売れる主力商品を持つ』
 ・『売れる仕組みを持つ』
 
それが『儲けて残す経営者』になる2つの大きな道に
なるわけです。
 
西村謙二
 
★★★★ 今後の予定 ★★★★

◆No.1経営塾(新橋)10時から12時
http://no1keiei.jp/?p=256

 新しい四半期です。(第18期)

 ・ 9月2日(水)
 ・10月7日(水)
 ・11月4日(水)

◆竹田ランチェスター塾
http://no1keiei.jp/?p=1164
 
 ・9月16日(水) 新宿ワシントンホテル新館地下二階
  (営業戦略)

 ・10月21日(水)     〃
  (販売戦術)
 
◆講演会
http://no1keiei.jp/?p=1520
 
10月12日(月・祝)13時~17時30分
村上さんと小串さんの二人クラブ
 
『経営戦略、ここが分かれば利益は2倍、3倍!』
 
珍しい公開経営相談付きセミナー
現在6名様お申し込みです!
http://no1keiei.jp/?p=1520