【東京】No.1経営塾 集客売上の悩みスッキリ解決!新橋5分

トップ > No.1経営塾(東京ランチェスター) > ◆ハズキルーペはなぜ、売れる?

◆ハズキルーペはなぜ、売れる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!
 
銀座新宿経営勉強会の西村です。 
 
最近は『人材開発』でも非常にご依頼が多くなっております!
『人づくり研究会』も9月に復活させます!
 
◆ハズキルーペはなぜ、売れる?  
 
テレビCMがやたらと多くて中には「ウザイ!」と言われるくらい
浸透している『ハズキルーペ』
 
皆さんもテレビとかでご覧になったこともあると思います。
 
また、大型電気量販店にも売り場を確保していますね!
最近では町の薬局でも見つけたという人もいます!
 
●ハズキルーペはなぜ、売れる?
 
ちなみに、どれくらい売れているのでしょうか?
ネットで調べると『売上非公開』とありました!
 
推測すると『ハズキルーペ』350万売れているとのこと。
 
1本10167円 程度なので、約1万円。
350万本×1万で350億円になります。
 
眼鏡業界ではどの位置かというと業界のトップは
1位、三城HD        537億円 シェア42.5%
2位、ジェイアイエヌ    406億円  〃  32.1%
3位、愛眼         165億円  〃  13.0%
4位、メガネスーパー    157億円  〃  12.4%
(平成27年~28年)
 
という状況です。
 
●という状況ですから、業界の中ではそんなに大きくはないです。
 
しかし、『眼鏡型拡大鏡』でトップに躍り出ているわけです。
 
会長の松村謙三氏は「宣伝広告費、2年で50億かけました!」との
こと。
 
ちなみに公開されていないので粗利益は分かりません。
 
しかし、ググって(ネット検索)見ると「原価3000円程度」×
350万本=245億円の利益とも出てきました!
 
「そりゃ~広告費50億かけても儲かるわ!」という人もいるでしょう!
 
典型的な『ニッチな市場に先行投資で利益を上げる』というパターン
ですが、そこに表に出てこない販売戦略があるのです!
 
●しかも大手にもまねできない『販売戦略』があります!
 
それは店舗で物を売るには『什器とサンプル』が必要です。
『什器』は簡単に言うと『陳列棚』『ショーケース』と言ったものに
なります。
 
これには選定に手間がかかったり費用も掛かります。
 
『眼鏡のサンプル』も通常は保証金のようなもので上の『什器』と
あわせて20万くらいは請求します。
 
ハズキルーペ、なんとこれが無料です!
 
関連会社『神田通信工業』があるのでコストを下げてつくることが
で来るからです!
 
いろいろ考えていますよね!
 
●そうすると『無料』は無料で「なんか怪しい!」「詐欺商法!?」と
疑いもかけられたそうです。
 
しかし、テレビ広告で石坂浩二さんや渡辺謙さんが出てくることにより
信頼アップで取次店を増やしているようです。
 
当然、これくらい売れると競合も追従してきます。
 
実際、Zoffさんもシニア層に向けて税込み7000円の商品をぶつけ
来ています!
 
そんな時に『売り方』で差別化をしているところも大きなポイントに
なります。
 
◆見えるところでなく見えないところで勝つ!
 
それが中小企業や小さなお店の勝つ戦略です!
 
ところで私全然、眼鏡を使っていません!
でも、ハズキルーペが欲しいと思っている今日この頃です!(笑)
 
西村謙二
 
中小企業や小さなお店で必要なのは『売り方の差別化』です!
 
そんな『差別化された売り方』を学びませんか?
顧客創造戦略という形で学んでいきます。
 
◆銀座経営勉強会のご案内
 
銀座経営勉強会32期、好評のうちに終了しました!
33期はこちらから!
↓↓↓↓
銀座経営勉強会の見学会は2019年6月も開催します。
来週です!